目指せ!極めろ!ネイリスト

ネイリストになるためには資格が必要です

最近は若い女性を中心に、ネイリストを目指す人が増えています。ネイリストになるためには、免許は必要ありませんが、ネイル検定合格などの資格が必要となります。ネイルの勉強をするためには大きく分けて二つの方法があります。一つ目は、ネイルスクールに通い、ネイルの講師から直接指導を受けながら資格を身につけるための勉強をする方法です。もう一つは自宅にいながらネイルの勉強を独学で行う通信教育です。それぞれに一長一短あるので、どちらがよいかはその人の判断になります。直接指導を受けられ、プロ直伝の技術を身につけたいなら、ネイルスクールがおすすめですし、仕事や勉強をしながらネイルの勉強をするために、自分の都合のいい時間で学びたいという人には通信教育がいいでしょう。どちらにせよ、高い資格を持てば持つほど就職する際にも有利です。できるだけ多くのネイル検定を受け、合格することも大事です。そのためにはそれなりの努力が必要です。

ネイリストの概要とその資格に関して

爪の美容と健康の手入れ等のネイルケアやつけ爪やネイルアートを施す職業の人を指し、世界的にはマニキュアリストやネイルテクニシャンとも呼ばれています。協議においては、日本ネイリスト協会とは別組織である公益財団法人日本ネイリスト検定試験センターが主催する技能検定試験(1級・3級)に合格した人のことを指します。日本国内においてネイリストになる為に必要となる国家資格や許認可等はありませんが、民間で独自に認定する団体があります。この認定はネイリストとしての職業を営むための法的な必要条件ではなく、一定の技術力の社会的指標及び人材確保を意図として民間で制定されたものなので、日本国内の民間団体が認定しているネイル資格に拠らずに外国のネイル資格を掲げてこの職業を営んでいる人も多々います。主な勤務先として美容院やネイルサロンをはじめ、エステティックサロンやブライダルサロン等が挙げられます。また、その技術を生かしてネイルスクールの講師や経営者等にも進む人もいます。

おすすめWEBサイト 5選


不用品回収を埼玉で行っています

最終更新日:2019/11/21

トップページへ