目指せ!極めろ!ネイリスト

ネイリストと見習いについて

ネイルサロンで働く際、まずは見習いという形から入る事は珍しくありません。この場合、まず必要になってくるのが忍耐力です。最初からネイリストとしての仕事に関われる可能性もありますが、雑用ばかりが続くという可能性もあります。ネイルの勉強をし、資格を取得した人であれば、早く直接ネイルに関わりたいと考える事になります。ですが、サロンに寄っては、資格があっても、完全に下働きからとなり、いつ本格的にネイルに携われるのかもはっきりとしない可能性もあります。それだけに、見習いからとなっている場合、忍耐力が必要になってきます。最初からネイリストとして働く事が出来るか、最初は完全に雑用から始まるかは、サロンにによって異なります。ただ、雑用の期間であっても、学べる事は色々あるという事も少なくありません。現在、独立開業している人も、こうした雑用や、アシスタントから始まったという人は多くいます。ですから、最初は忍耐力も必要と考えておく事が大切です。

見習いからプロのネイリストに

プロのネイリストになるためにはそれなりの資格が必要です。「ネイル検定」を受験し2級を取得していないといけません。ネイル検定を受けて合格するとネイルサロンで施術をすることができます。しかし受験はそう簡単なものではなく受験者の約半分が不合格となってしまします。独学で勉強するよりも実際の仕事現場で学ぶこともあると思います。まだ見習いとしてではありますが実際にネイリストになるためにネイルサロンで働いてみましょう。お客さんに施術をすることはできないと思いますがプロのネイリストの技術を学ぶことはできるし自主練習をしていて分らないことがあったら聞くこともアドバイスをくれることもあるでしょう。実際の現場にいなければ分らないことだってたくさんあるでしょう。現場を知った上でネイル検定を受けると気持ちも変わってくるでしょう。1発で合格することは難しいですが出来る限りのことをして合格し早くプロのネイリストになれるようにしましょう。

Valuable information


カードプリンターを手ごろな価格で提供しています

Last update:2019/11/21

トップページへ